お歳暮なら蟹セット@贈って喜ばれるお歳暮は蟹セットで決まり!

お歳暮 蟹セット 最近年末年始には、蟹セットで豪華に過ごされる方が増えているのをご存知ですか? 特にお歳暮でも喜ばれている蟹セットをお忘れなく!

蟹がお歳暮で大人気!!

お世話になったあの方に、喜んでもらえるお歳暮を選ぶのは悩みどころですよね!

お歳暮は、ハムなどが定番となっていますが、今年は蟹セットのお歳暮なんていかがでしょうか?

蟹なら、焼き蟹、蟹鍋、蟹ピラフなど料理のレパートリーが多いので、お正月の忙しいときには、リッチな料理になったり、いろんな料理に使えるので結構な人気商品なんですよ!

おいしい蟹で、楽しい年末年始をお過ごしくださいね!

 

人気の蟹通販ランキング

 タラバガニ・毛ガニ・ズワイガニ通販の「カニの浜海道」

カニの浜海道

 総評

10年目を迎えた、カニ・エビ・いくらなどの海産物を、全国に直送している通販サイトです。

根強いリピーターに支えられている信頼の通販サイトなので、安心して依頼できますよ!

 

  北海道蟹専門店「かに本舗」

かに本舗

 総評

かに通販でネットショップ大賞1位をとった信頼のカニショップです!

北海道産の最高級カニを、非常にお得な価格で味わうことができます。

一度お試しください。

 

  水産卸元直営店「ウオス」

ウオス

 総評

水産卸を本業にしている会社が、直販致します。

料亭やホテルでしか味わえないかにが、このネットショップでは手に入れることができます。

大事なご家族とのひとときに、是非ご利用ください。

 

 

 

訳あり蟹の内容とは

訳ありといっても明らかなものもあれば、ほとんど正規品と遜色ないものもあり、ちょっとしたバランスの問題などで訳あり入りすることもあるので、お得ですね。店頭に並べた時ちょっと見栄えの悪い甲羅の傷はどんなに小さくても「訳あり品」転落ポイントです。

正規品ってこうも厳格に選び抜かれていたんだと感動すると共に、贈り物にするんでもない限り気にして食べないなんて、大損です。実家や兄弟にも送ってあげようと思います。残念ながらご進物にはなりませんが。かにのシーズンはじめに、テレビでかにを特集していました。

かに通販の話もしていて、たくさん入ったかにを探していましたし、おいしそうだったので送料無料にもひかれ、お正月用に奮発して買いました。実は、生鮮食品を通販で買うのは初めてでした。本当にテレビで見た商品が届くのか心配していましたが、かにはテレビで見たとおりの品で、しかもゆでて良し、鍋で良しのおいしさで、思わぬ掘り出し物でした。

今年も同じところから買おうと考えています。近頃のお歳暮で蟹通販では様々な種類のお歳暮で蟹を取り寄せられますが、国産と外国産、どっちのお歳暮で蟹を買うほうがいいのか、迷うことがよくありませんか? しかし、それほど迷うことはありません。

どっちを買っても、同種のお歳暮で蟹であればそんなに味が違うことはありません。国内・国外の差よりも、気にしなければならないのは、扱っている店舗自体の信頼性です。信頼できるお店の商品なら、輸入品だから味が落ちるなどといったことはありません。

かには美味しいけれどそう頻繁に食べられるものじゃありませんよね。ましてお手ごろ価格だったらもっと言うことないと思いませんか。かにが家族にも食べさせたい。そんな希望を叶えるのには通販のかにがぴったりだと思います。

かにを産地直送でお取り寄せできる通販は、何故こんなにおススメ度が高いかというと、デパートやスーパーマーケットの商品だって産地から新鮮なうちに送られてくるのでしょうが、それよりも通販なら特筆物の鮮度のかにが送られてくるからです。

生鮮食品にとって新鮮であることは何物にも変えがたいものですよね。更に価格が安いのが特徴でたいていのかになら、通販のほうが安いものが多く、申し訳ないほどのお得価格が実現したのです。不定期ですが、見たこともないようなかにを提供してくれる時もあるので、予約してみるといいでしょう。

 

お歳暮の蟹選びは・・・

そして、定評のある販売店を選べば、新鮮で身が詰まった個体に出会いやすいと言えます。お歳暮で蟹通販は便利だとよく言われますが、その利点として突出しているのはどこに住んでいようとも、お歳暮で蟹の名産地から新鮮なお歳暮で蟹を自宅に取り寄せることができる点に尽きるでしょう。

ここで店頭販売のお歳暮で蟹のことを考えてみると、産地直送のアドバンテージと比較するとどうしても鮮度の面では劣ってしまいます。こういう理由がありますから、美味しいお歳暮で蟹をお求めの方は産地直送で自宅にダイレクトに届けてもらうのが最も賢い方法なのです。

食べ放題ツアーの一つに、かにもありますが、これまで体験しましたか。こうしたツアーに過去申し込むのをためらっているなら、かにで有名なところを目的地に組み込んだ楽しい食べ放題ツアーに行ってみることをぜひ検討してください。こうしたツアーを利用すれば、産地のおいしいかにを地元の食べ放題よりも交通費も含めお得に食べられるのです。

 

お歳暮用蟹の上手な買い方!

お勧めするのには理由があります。だって、お歳暮で蟹の美味しい食べ方といえば、一杯丸ごとを茹でお歳暮で蟹にする、これに限ります。この調理法なら、お歳暮で蟹の旨みを身に閉じ込めることができて濃厚な味わいを思う存分楽しむことができます。

案外よく食べられているのが、モズクガニです。何と、かの有名な上海ガニと種は異なりますが、同じ族のかにです。ヒョウ柄にも似た背中の模様が特長で、大きくても甲幅8センチメートルくらいですから、食用がにとしては小さめです。

重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズと考えてください。そして、雌より雄の方が小さいというのが一般的です。昔から日本で多くみられ、食用としてよく使われています。

かには脚肉が代表的ですが、奥の深い味と言えば、かに味噌でしょう。味噌でかにを選ぶとすれば、もっぱら毛お歳暮で蟹に尽きるようです。味噌は独特の香ばしさで、これぞかに、という固定ファンを生んでいます。そんなにひんぱんに毛お歳暮で蟹を食べられないという方には、ワタリガニを勧める方もいます。

毛お歳暮で蟹よりは小ぶりですが、味わいは勝るとも劣りません。一般的な活かにのさばき方は、まず、洗って真水に30分くらいつけます。軍手を両手にはめたら、最初に腹の三角形部分を外し、関節の柔らかいところに切れ目を入れておきます。

甲羅と半身を分けるために、それぞれを押さえて半身の一方を外し、さらにもう一方を外します。外したところで現れた黒いものをきれいに除き、かに味噌だけにしておきます。脚は茹でる前に一本ずつ外し、食べやすい長さにします。さらに切れ目を入れ、殻を薄くそぎ取っておくと、食べるときに楽です。まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。

 

 

おすすめ蟹料理は!

お歳暮で蟹本来の旨みを凝縮した、塩茹でかお歳暮で蟹鍋です。他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。新鮮なお歳暮で蟹ならお歳暮で蟹しゃぶや刺身もいいですが、漁港の専門店で食べるような例外を除き、鮮度が落ちるので味は微妙です。

お歳暮で蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。それなら多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。風味に繊細さが感じられなかったり、なんとなく物足りないときは、土佐酢や柚子胡椒など、付けダレを変えればご自宅でもお歳暮で蟹専門のお店のような味わいが堪能できます。

お歳暮で蟹に解禁日があるって知っていましたか? お歳暮で蟹というのは実は好きな時期に漁をすることはできず、一定の時期にならないと漁が解禁されません。

皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、品種によりますが9月や11月など秋頃に解禁日が設定されており、その期間以外は漁をしてはならないことが定められています。お歳暮で蟹のシーズンに出遅れないようにするため、漁解禁の情報をニュースやネットで知っておくことこそが肝要と言えるでしょう。

 

おすすめ蟹は!

ズワイお歳暮で蟹にはお歳暮で蟹本来の旨味がふんだんに詰まっており、またお歳暮で蟹ミソも濃厚な味で絶品です。甲羅の表面がツルツルしており、またタラバお歳暮で蟹などと比べると小さめなのが外見上の特徴として挙げられます。

ズワイガニがあれば紅ズワイガニはいらないともっともらしく言われますがそれは思い込みかもしれません。記憶をたどって、紅ズワイガニは全部大したことはなかったとすれば紅ズワイガニの本当のおいしさを知らないだけでしょう。

新鮮な紅ズワイガニは、それはもう誰もがおいしいと言います。すぐに鮮度が落ちてしまうのでおいしいものを食べるのは難しいのです。モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、とても有名なブランドがにの上海ガニと種は異なりますが、同じ族のかにです。

背中の細かいまだら模様は、ヒョウ柄にも見えます。上海ガニより小ぶりで、甲幅8センチメートルくらいです。重量は全体で170~180グラムが一般的という種類です。それから、小さい個体は雄のことが多いです。昔から日本で多くみられ、食用としていろいろな料理にされています。

 

お歳暮に蟹を送ってみると・・・

お歳暮でかにを贈るのも良いですよね。そのかにを買う際には最後まで気を抜かないでください。実にありがちなことですが、品数が豊富であればあるほど、店側に勧められたかにを安易に選ばないことです。

かにの選び方に自信がないためですが、自分が選ぶよりましだろうと決め込んでいると、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかもしれません。大事な方に贈るかにならば、十分信頼できるお店を選んでください。

 

お歳暮に蟹通販のメリットは?

でも、真のメリットはその品質だと思います。その品質を少しも落とすことなく送られた最高のかにを届いたばかりの最高の状態で堪能できるのが通販ならではのメリットでしょう。今は、通販で多くの種類のかにが買えるものの、タラバガニは不動の地位を占めていますが、買う前に十分業者のことを調べてください。

タラバガニに酷似したアブラガニという安いかにがいます。素人目には見分けがつかないそうです。何の疑いもなくタラバガニを買ったところ、アブラガニを掴まされた深刻な話も時々聞きますから、他の食品と同じくお店の評価もしっかり確認してください。

お歳暮で蟹の名産地といえば全国にいくつかありますが、多くの方が真っ先に連想するのは北海道をおいて他にありません。北海道といえば海の幸のメッカ。多くの種類のお歳暮で蟹が獲れます。もちろん他の地域にも有名なお歳暮で蟹はたくさんありますが、総合評価でなら、北海道に勝る土地はないと私は思っています。

しかし、実際に北海道に行ってみると、北海道で売っているお歳暮で蟹が実は海外産であるというケースが少なくないので、ちょっとびっくりします。

 

蟹通販で選ぶなら!

広く知られています。知らない人はいないのではないかと思われる楽天市場ですが、お馴染みのかにの通販も楽天を通して買うのがいいと思います。安心して注文できるのはありがたいことです。圧倒的利用者数がそれを裏付けています。

かに通販会社のサイトにもピンからキリまであり、運よく良い方に当たればいいですが、悪い方に当たると写真ひとつ取っても実物と程遠いものを使うなど、きちんとした買い物などできないばかりか、詐欺にあう可能性もあり、こちらが近づこうものなら、引っ張り込もうと待ち構えています。

そんな心配をしなくていいのが楽天市場のいいところで、ここなら傷んだ品物を買わされたりしないので、写真どおりの買い物が出来るでしょう。口コミ、レビューで高評価を集めていたりすると、そこの会社がいいことがすぐにわかりますね。

加えて、代引き決済が使えないと不便な場合も多いものです。その対応をしてくれるお店だと何を買うにしても、安心できると思います。ただ、衝動買いには気をつけるようにしましょう。紅ズワイガニは、ズワイガニの代用ともっぱらの評判ですがそれは思い込みかもしれません。

今まで紅ズワイガニを食べた記憶をたどって大したことはなかったとすれば今までおいしい紅ズワイガニにあたったことがないためでしょう。新鮮な紅ズワイガニの味と言えば、誰もがおいしいと言います。ただ、非常に鮮度が落ちやすいのでどうにも誤解されがちです。

 

蟹を食べるときの注意点は?

かにの食べ過ぎ、特にビールを飲みながら食べるのは危険です。おいしく食べられる量を調理しましょう。お歳暮で蟹は嫌いじゃないけど、殻を剥くのがちょっと面倒。

そんなあなたへのお勧めは、ポーションと呼ばれる、むき身の脚がたくさん入っているタイプの商品です。「えっ、一番おいしいのは活お歳暮で蟹でしょ?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、専門店ならともかく、自宅でさばいて食べるのはなかなか大変です。

お歳暮で蟹を食べる際の、殻むきなどの面倒臭さから解放されるためには、殻が剥かれたポーションのお歳暮で蟹を買い、それでお歳暮で蟹鍋をするのが私のイチオシです!それと、お歳暮で蟹を一杯丸ごと味わいたいという場合は、ネット通販なら訳ありのお歳暮で蟹を安く売っているので、普通に買うよりお得に美味しいお歳暮で蟹に舌鼓を打つことができますよ。

 

蟹をお歳暮で送る際は!

第一にはお歳暮で蟹の値段、届く量、また新鮮さを確認しておくこと。最後に、送料を気にすることです。意外と見落として損をすることが多いのです。お歳暮で蟹を新鮮なまま送るのは大変だというのもあって、普通の宅配便より大幅に高い送料が設定されている場合もあります。

送料の有無やその額を必ず購入前に見ておくようにしてください。もちろん、送料無料のところを選べるならそれに越したことはありません。ですが、送料無料にも例外があります。沖縄県などの離島にお住まいの場合、別途送料が掛かることがあるのです。

よくお得で便利だと言われるお歳暮で蟹通販。その利用時に、ネックがあるとすれば、果たしてお歳暮で蟹の新鮮さは大丈夫なのかという部分でしょう。通販に良い印象を持っていない人なら、あまり新鮮ではなさそうな印象を抱いているかもしれません。

でも、それは誤解です。現実にはお歳暮で蟹通販のお歳暮で蟹は十分に新鮮だといえます。お歳暮で蟹通販は漁港から直送である分、流通ルートを経てスーパーなどの店先に並ぶお歳暮で蟹よりも、むしろ新鮮さにおいては優っていることが多いのです。

かにの産地といえば?と聞くと、北海道で決まりでしょう。まあ、当然といえば当然でしょう。毛お歳暮で蟹の産地に限っていえば必然的に北海道になるからです。日本では、その他にも多くの種類のかにがとれます。そこで日本各地にそれぞれの種類が有名な場所を思いつく方もいると思います。一つの例として、ズワイガニなら松葉ガニといわれるくらい鳥取県の水揚げ高は多いのです。

 

失敗しない蟹の選び方は?

こんなに美味しいなんて、うれしい誤算でした。元だけでも取れればいいやと思っていたのが、お釣りまで来たぐらいです。コンピューターが各家庭に行き渡るはるか前から、かにを食べたいと思う人がいて、かにを送ってくれるところもあったというわけです。

当時は、生ものの発送という画期的な試みが受け入れられづらい状況もあり、かにを買うのに通販を利用することの利点などなく、産地に行って食べるものとの違いが大きく、その辺のスーパーで売っているものよりひどいと聞いて絶対に買うのはよそうと思ったものです。

ただ、現代は淘汰の激しい時代であり、そんな中生き残っているかに通販のかにが美味しいのは、当然です。味は私が保証します。現在、多くの業者が「ワケアリ」のお歳暮で蟹を取り扱っています。本記事でもあえて皆様にお勧めしているのにはワケアリだけに「ワケ」があります。それはひとえに実店舗とネット通販の違いです。

普通のお店では、傷物などは店頭に出ていませんが、そのぶん値段も普通通りで、代金についてトクをするのは難しいですよね。ここに通販の利点があります。お歳暮で蟹通販では、普通は売り物にならないお歳暮で蟹。つまり、傷物のお歳暮で蟹であっても、「ワケアリ品」として安価で購入できるケースが多いので、私などは味さえよければ形は気にしませんから、非常にお得だといえます。

 

関連ページ

投稿日:

執筆者: